多管式熱交換器の検査と補修技術

日本工業出版社主催・テクノシステム共催
2018年8月開催セミナーのお知らせ
東京・大阪・福岡同時開催
多管式熱交換器の検査と補修技術
建築設備で使用される配管材料は、多岐にわたっています。本セミナーは、給水設備・給湯設備・排水設備・空調設備の用途別に使われる配管と継手の選び方・使い方と施工管理技術、また、建築設備用配管の劣化、腐食、耐用性などについて解説いたします。
※ 講演者は東京会場で講演いたしますので、大阪・福岡会場は中継での受講となります。
※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。
講師
里永 憲昭
崇城大学 工学部 機械工学科
岡澤 弘之
日本非破壊検査株式会社
浜松 徳生
新日本非破壊検査株式会社
白石 彰
日本電測機株式会社
熊谷 勝
東芝エネルギーシステムズ株式会社
藤村 尚吾
株式会社守谷商会
日時 2018年8月24日(金)10:00~17:30
会場 ■ 東京会場 日工セミナルーム東京
(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
■ 大阪会場 日工セミナルーム大阪
(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
■ 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
※ お申し込みの際、どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください
定員 東京会場30名 大阪会場15名 福岡会場10名
受講料 37,800円(1名につき テキスト代・昼食代・消費税を含む)
※ 1社3名以上ご参加の場合,1名につき32,400円
(テキスト代・昼食代・消費税を含む)
ご希望の方は、関連書籍を割引で提供致します。
(※ 受講をお申込頂いた方のみ対象となります。)
■ 関連書籍[1]「安定したプラント操業の実現に向けた最新技術」(月刊「配管技術」2017年2月増刊号)
1冊 2,700円(税込)
■ 関連書籍[2]「圧力設備の破損モードと応力」
1冊 2,700円(税込)
ご希望の方は、下記のフォームより別途お申し込みください。
セミナー受講受付を確認後、ご連絡させていただきます。
【関連書籍お申し込み】
主催 日本工業出版株式会社
共催 株式会社テクノシステム
10:00 – 11:30
【多管式熱交換器の劣化原因とメカニズム】
多管式熱交換器の構造における特徴的な劣化の原因とメカニズムを概説し、見逃しがちな代表的な劣化現象とその劣化に対応する検査手法を紹介する。
講師:里永 憲昭(崇城大学 工学部機械工学科)
11:30 – 12:10
昼休み
12:10 – 13:10
【内挿式UT技術による伝熱管検査】
内挿式センサーを用いたUT技術による伝熱管の腐食減肉検査、伝熱管端部の割れ検査についてその技術を紹介する。
講師:岡澤 弘之(日本非破壊検査)
13:20 – 14:20
【多管式熱交換器細管の割れ探傷用電磁誘導検査技術】
多管式熱交換器の細管の腐食減肉検査は、ステンレス等非磁性材の場合は電磁誘導検査がポピュラーだが細管の割れ、とりわけ周方向割れの検査は難しい。その課題に対し周方向割り検出用クロスプローブで探傷を可能にした技術を紹介する。
講師:浜松 徳生(新日本非破壊検査)
14:30 – 15:30
【電磁誘導法による伝熱細管の検査技術】
伝熱細管の腐食減肉を高速で検査する内挿式電磁誘導検査技術について、ボビンコイル・マルチコイル・回転コイルなどに関する原理・特徴・検査波形を紹介する。
講師:白石 彰(日本電測機)
15:40 – 16:40
【電力設備用多管式熱交換器の設計と検査手法】
電力向け多管式熱交換器のタービン設備としてタービン排気蒸気を凝縮する復水器、ボイラーへ供給する水を加温する給水加熱器等の設計、構造とその検査について紹介する。
講師:熊谷 勝(東芝エネルギーシステムズ)
16:50 – 17:30
【延命化・恒久化を実現する復水器・熱交換器 補修サービス】
様々なタイプの熱交換器に適応可能で、インレット・アウトレット部分の腐食、応力腐食割れ、隙間腐食等の問題を解決する補修ソリューションについて紹介する。
講師:藤村 尚吾(守谷商会)
※ プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。
会場のご案内
東京会場 日工セミナルーム東京
東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1
東京都文京区本駒込6-3-26
大阪会場 日工セミナルーム大阪
大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F
大阪市中央区平野町1-6-8
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
福岡市博多区博多駅東1-16-14
福岡市博多区博多駅東1-16-14
お申し込み・お問い合わせ方法

下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください。