空調・衛生設備上級技術者:一期一会講習会 【建築設備 試運転調整業務のキー・ポイント:精選110】

日本工業出版社主催・テクノシステム共催
2018年11月開催セミナーのお知らせ
東京・大阪・福岡同時開催
空調・衛生設備上級技術者:一期一会講習会
【建築設備 試運転調整業務のキー・ポイント:精選110】
空調衛生設備施工技術者を、施工現場の最終段階で待ち構えているのが、“試運転調整業務”です。書籍「空調衛生設備 【試運転調整業務の実務知識】」は設備技術者にとって真に役立つ“試運転調整遂行マニュアル”を目指し執筆されました。イラストを中心とした、項目ごとの分かりやすい解説でご好評いただいております。今回、本書より精選した100項目に加え、書籍に盛り込み切れなかった想定外のトラブル対策事例10項目を合わせた110項目について、筆者自身が解説する講習会を開催いたします。空調衛生設備施工技術の上級者を目指す皆様のご参加お待ちしております。
※ 講演者は東京会場で講演いたしますので、大阪・福岡会場は中継での受講となります。
※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。
講師 安藤 紀雄 元 高砂熱学工業(株)
堀尾 佐喜夫 堀尾総合技術士事務所
水上 邦夫 (株)エヌ・ワイ・ケイ
日時 2018年11月30日(金)9:30~16:40
会場 ■ 東京会場 日工セミナルーム東京
(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
■ 大阪会場 日工セミナルーム大阪
(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
■ 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
※ お申し込みの際、どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください
定員 東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
受講料 37,800円 税込(テキスト・昼食含む)
3名以上ご参加の場合お一人32,400円 税込
・書籍「空調衛生設備 【試運転調整業務の実務知識】」(テキストとして使用します)
主催 日本工業出版株式会社
共催 株式会社テクノシステム
09:00 – 11:00
試運転業務の開始にあたって
安藤 紀雄 元 高砂熱学工業(株)
(1) 試運転調整業務の意義、(2) 試運転調整業務の目的、(3) 試運転調整業務の種類

第一部 共通設備編(精選25項目)

安藤 紀雄 元 高砂熱学工業(株)
(1) 試運転調整業務:遂行マニュアルを事前に準備・作成しておくこと!
(2) 試運転開始に当たり、「キック・オフ・ミーテイング」を必ず開催すること!
(3) 1日の試運転調整業務が終了したら、「ブリーフィング」を行うこと! 他
11:10 – 12:30
第二部 空調設備編(精選25項目+トラブル対策事例5項目)
安藤 紀雄 元 高砂熱学工業(株)
(1) 空調機類(AHU・FCU等)の据え付け状態をまずチェックしておくこと!
(2) 配管のフラッシングの後に、ストレーナの清掃を励行しておくこと!
(3) 膨張管(水逃し管)の途中に「弁類・閉止板」が設置されていないことを確認しておくこと! 他
◆トラブル対策事例「隠ぺいFCUのファン機外静圧不足」など5項目
13:30 – 14:50
第三部 給排水衛生設備編(精選25項目+トラブル対策事例3項目)
堀尾 佐喜夫 堀尾総合技術士事務所
(1) 総合工程表の試運転調整工程表には、次の重要な検査日等が明記され、その「進捗管理」を励行すること!
(2) 「電極棒の対向試験」の確認をしておくこと!
(3) 受水槽・高置水槽は、必要な「耐震仕様の表示(銘板)」が、あるかどうかの確認をしておくこと!他
◆トラブル対策事例「ゲリラ豪雨」など3項目
15:00 – 16:20
第四部 各性能測定業務他(精選25項目+トラブル対策事例2項目)
水上 邦夫 (株)エヌ・ワイ・ケイ
(1) 温度測定には適切な「温度側定機器」を使用すること!
(2) 湿度測定には、適切な「湿度測定機器」を使用すること!
(3) 風速の測定には、適切な「風速測定機器」を使用すること!他
◆トラブル対策事例「引渡し3年後の空調風量のバランス異常」など2項目
16:20 – 16:40
全講義に対する質疑応答
※ プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。
会場のご案内
東京会場 日工セミナルーム東京
東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1
東京都文京区本駒込6-3-26
大阪会場 日工セミナルーム大阪
大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F
大阪市中央区平野町1-6-8
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
福岡市博多区博多駅東1-16-14
福岡市博多区博多駅東1-16-14
お申し込み・お問い合わせ方法

下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください。