気液二相流 設計計算ハンドブック

気液二相流 設計計算ハンドブック
Design Handbook of Boiling Two-Phase Flow
気液二相流の伝熱計算について、相関式を適応範囲とともに提示したハンドブック!
現在までの気液二相流の相関式・経験式を体系化し、その適用範囲を、その式が求められた元にまでさかのぼって整理し、提示する。
従来提案されている熱伝達率、圧力損失、ボイド率など重要パラメータの相関式をできるだけ多く収録し、根拠となったデータなどの範囲を含めて提示・説明することで、各種相関式の客観的評価を示す。
設計開発現場での伝熱流動計算に役立つ根幹資料となる、実務書籍!
第1章では気液二相流と伝熱研究の背景および進展についての概略を説明し、第2章では本書で主として取り上げる各種特性量の定義と実現象における役割、計算モデルにおける位置づけなどについて解説。第3章では各種相関式および実験結果などとの検証を提示する。

発刊2013年7月13日

執筆者
小澤 守
関西大学 社会安全学部 安全マネジメント学科 教授
工学博士
網 健行
関西大学 システム理工学部 機械工学科 助教
博士(工学)
体裁 B5判 上製本 448頁
価格 45,000円(+税) ※ 国内送料弊社負担
ISBN 978-4-924728-68-4 C3050
発行 株式会社テクノシステム