ホームページへ書籍一覧へ

 

活性炭の応用技術〜その維持管理と問題点〜

トップへ

本書の主な内容へ

執筆者一覧へ

基礎編
第1章目次へ

総 目 次

基礎編第1章 活性炭の構造と性質
第1節 活性炭の種類
第2節 原子的構造
第3節 細孔構造
3−1 比表面積、細孔径分布の測定法
3−2 活性炭の細孔構造
第4節 化学的性質
4−1 元素組成
4−2 表面酸化物
4−3 ゼーダ電位
第5節 活性炭の試験方法
第6節 現場サイドから見た粉炭(素炭という)について
基礎編第2章 活性炭の製造
第1節 賦活の原理
第2節 工業的製造プロセス
第3節 繊維状活性炭の製造
3−1 フェノール系
3−2 レーヨン系
3−3 PAN系
3−4 ピッチ系
第4節 分子篩い活性炭の製造
第5節 その他の製造法
5−1 鋳型炭素化法
5−2 金属錯体系活性炭繊維
5−3 ポリマーブレンド法
第6節 廃棄物からの活性炭の製造
基礎編第3章 活性炭の再生
第1節 再生法の種類と原理
第2節 工業的再生プロセス
基礎編第4章 活性炭の吸着特性
第1節 活性炭吸着の基礎
第2節 吸着平衡
第3節 吸着速度と破過曲線
第4節 吸着装置と運転
第5節 生物活性炭
応用編第1章 気相吸着
第1節 溶剤回収とその問題点
1−1 粒状活性炭
1−2 繊維状活性炭
第2節 圧力スイング吸着(PSA)によるガス分離とその問題点
2−1 PSA法によるガス分離
2−2 活性炭PSAによるガス分離
2−3 圧力スイング吸着(PSA)による空気分離とその問題点
2−4 圧力スイング法(PSA)によるガス分離の概要
第3節 ガスの吸蔵とその問題点
第4節 空気清浄機への応用とその問題点
第5節 排煙脱硫・脱硝とその問題点
第6節 ダイオキシン類の除去とその問題点
(ダイオキシン除去用活性炭について)
6−1 NORIT社製ダイオキシン除去用粉末活性炭
6−2 粉末活性炭吹き込み式によるダイオキシン類の除去と留意点
6−3 住友重機械工業
第7節 機能性活性炭を用いた半導体製造プロセスにおける有毒ガスの除去
第8節 脱臭への応用とその問題点
8−1 交換型活性炭吸着脱臭装置
8−2 脱臭用活性炭の種類とその問題点
8−3 脱臭用活性炭とその応用
8−4 室内用空気清浄フィルター用途への応用
8−5 自動車向け空気清浄器用活性炭フィルター
8−6 オゾン除去用段ボール法ハニカム状活性炭
第9節 防毒マスクへの応用とその問題点
第10節 原子力発電所における活性炭使用の現状と問題点について
応用編第2章 液相吸着
第1節 用水処理
1−1 高度浄水処理とその問題点
1−2 工業用水、純水および超純水の製造とその問題点
1−3 医薬用水処理とその問題点
1−4 浄水器の使用とその問題点
第2節 下水の高度処理・再利用とその問題点
第3節 し尿処理とその問題点
第4節 産業排水への応用とその問題点
第5節 食品工業における活性炭の利用とその問題点
第6節 地下水汚染処理への応用とその問題点
第7節 土壌汚染への応用とその問題点
第8節 埋め立て地浸出水処理への応用とその問題点
応用編第3章 電子材料への応用とその問題点
第1節 電気二重層キャパシタ
第2節 水溶液系電気二重層キャパシタ
第3節 炭素材料の電子材料分野への応用と問題点
第4節 リチウムイオン電池負極材料
応用編第4章 医療用活性炭の使用と問題点
第1節 活性炭の医療への利用とその問題点
第2節 制癌用活性炭
応用編第5章 触媒および担体としての応用とその問題点
第1節 活性炭の触媒としての利用
第2節 活性炭を用いたオゾンの分解
応用編第6章 その他の応用とその問題点
第1節 活性炭電気二重層電極を応用した脱塩法と
その問題点
第2節 活性炭のガス分析への応用とその問題点
応用編第7章 吸着塔の運転管理とその問題点
第1節 水処理用吸着塔の運転管理とその問題点
第2節 発火・爆発事故と危険性評価
第3節 活性炭の運搬および投入時の方法・装置
資料編
索  引