ホームページへ書籍一覧へ

事故事例と防止対策の集大成!

新版 防火・防爆対策技術ハンドブック
Technical Handbook for Fire and Explosion Protection


総目次
第1編 事故事例と防火防爆対策
 第1章 事故事例
  1. フリックスボロの蒸気雲爆発事故
  2. セベソ事故
  3. ボパール事故
  4. メキシコLPG事故
  5. フィリップス社高密度ポリエチレンプラントの爆発火災事故
  6. 仏トゥールーズ硝安事故
  7. 石油類の静電気による火災・爆発事故
  8. AS樹脂工場の爆発事故
  9. 過酸化ジベンゾイルの爆発火災事故
  10. 原子力施設でのアスファルト固化処理施設の火災爆発
  11. ヒドロキシルアミン爆発事故について
  12. 半導体関連事故
  13. 煙火事故
  14. 北海油田海洋掘削装置の転覆事故
  15. CE,富士石油事故
  16. 重油直接脱硫装置火災事故
  17. 粉じん爆発事故
  18. 蒸気雲爆発事故例
  19. 国内の産業災害統計
  20. 事故事例データベース
 第2章 火災・爆発防止対策
  1. 発火源の管理
  2. 可燃性液体の静電気管理
  3. 粉体類の静電気管理
  4. 危険区域の分類と使用電気機器の選定
  5. 圧力放出装置
  6. 爆発放散口
  7. 緊急移送処理設備
  8. 安全計装システム
 第3章 防火防爆関連機器
  1. 可燃性ガス/液体検知器
  2. 火災感知システム
  3. 防爆電気機器
  4. フレームアレスター
  5. 破裂板(Rupture Disk)
  6. 安全弁
  7. 爆発抑制装置
 第4章 事故拡大防止対策
  1. レイアウト・保安距離
  2. 石油類の防消火
  3. 大容量泡放射式による石油タンク 火災用泡消火設備
  4. LNG/LPGの防・消火
  5. 防火壁
  6. 防爆壁
 第5章 実プラントでの防火防爆対策
  1. 石油貯蔵施設
  2. LNG貯蔵施設
  3. LPG貯蔵設備
  4. 岩盤地下貯蔵施設(原油)
  5. 岩盤地下貯蔵施設(LPG)
  6. 石油類の輸送
  7. エチレン製造設備
  8. アンモニア製造設備
  9. 酸化エチレン製造設備
  10. 塩ビモノマー製造設備
  11. ポリエチレン製造設備
  12. BTX製造設備
  13. 直接脱硫装置
  14. 半導体製造装置
  15. 水素ステーション
  16. 産業廃棄物
第 2 編 火災・爆発現象
 第1章 燃焼・爆発の基礎理論
  1. 可燃性物質の漏洩と拡散
  2. 燃焼と爆発
  3. 熱爆発理論
  4. 衝撃波と爆轟波
  5. 爆風と飛散物
  6. 熱放射
 第2章 火災現象とその性状
  1. 火災現象の定義と分類
  2. 着火源と着火・引火
  3. 火炎の高さと発熱量の関係
  4. 火災プルーム性状  
  5. 煙の流動
 第3章 燃焼・爆発現象
  1. 燃焼・爆発現象の定義と分類
  2. 発火および起爆現象
  3. 燃焼・爆発の伝播
  4. 爆発威力とその影響
 第4章 気相の燃焼・爆発
  1. 単一ガスの分解爆発
  2. 混合ガスの燃焼・爆発
  3. 不均一(二相)爆轟
  4. 特殊材料ガスの燃焼・爆発
 第5章 噴霧および粉じん爆発
  1. 噴霧爆発
  2. 粉じん爆発
 第6章 凝縮相(液相および固相)の燃焼・爆発
  1. 石油類の燃焼
  2. 高分子物質の燃焼
  3. 反応性化学物質の反応暴走
  4. 爆発性物質の爆発
 第7章 蒸気爆発
  1. 蒸気爆発と相平衡破綻型蒸気爆発
  2. 高温溶融物と水との蒸気爆発
  3. 低温液化ガスと水との蒸気爆発
  4. 平衡破綻型蒸気爆発
  5. 可燃性液体容器加熱時の爆発(BLEVE)
 第8章 プロセスプラントにおける火災・ 爆発
  1. タンク火災
  2. 蒸気雲爆発とファイヤーボール
  3. 建物火災
  4. 船舶火災
第 3 編 発火・爆発性物質の危険性評価
 第1章 危険性物質の分類
  1. 空気との混合により爆発する物質の危険性
  2. 空気との接触により自然発火する物質
  3. 自己反応性物質
  4. 支燃性物質(酸化性物質)
  5. 混合危険性が知られている物質の組み合わせ
 第2章 試験法
  1. 空気との混合による爆発危険性の試験法
  2. 空気との接触・混合による発火危険性
  3. 自己反応性
  4. 支燃性(酸化性)
  5. 混合危険性
 第3章 危険性の事前評価法
 第4章 法規制
  1. 消防法
  2. 火薬類取締法
  3. 高圧ガス保安法
  4. 廃棄物処理法
  5. 国連勧告
  6. その他
 第5章 資料
  1. 新しい熱測定手法と機器一覧
  2. DSCデータ集
  3.爆発限界(空気と混合した場合)
第 4 編 リスクアセスメント
 第1章 リスクアセスメントの技法
  1. リスクアセスメントとは
  2. リスクアセスメントの技法
  3. 定性的評価技法
  4. 定量的評価技法
 第2章 海外の行政の対応と動向
  1. ECのセベソU指令
  2. OSHAのプロセス安全マネジメント基準
  3. OECDの防災基本指針
 第3章 災害想定の実施例
  1. TNOの手法
  2. 石油コンビナートの防災アセスメント
  3. 日本化学工業協会によるリスク評価手法 (火災爆発の評価)
 第4章 化学プラントにおける安全管理例
  1. 旭化成グループにおける安全の事前管理
  2. クラリアントジャパンにおける安全管理
  3. 住友化学工業におけるプロセス安全管理の実例
  4. ダウ・ケミカル日本における安全管理例
  5. デュポンにおけるプロセス安全・ リスクマネジメント
  6. 三菱化学における事故防止の取り組み(水島事業所の例)