燃料電池技術とその応用

化学力発電装置・移動体エネルギー源としての燃料電池の基礎・最新開発動向と応用例

トップへ

本書の主な内容へ

執筆者一覧へ

総目次へ

第2章目次へ

第1章 燃料電池発電の原理

<竹原 善一郎>

第1節 発電の原理と特徴
1.はじめに
2.燃料電池の原理と特徴
第2節 燃料電池開発の歴史
1.電池開発の歴史
2.燃料電池の誕生とその開発
第3節 可逆機関のエネルギー変換効率
1.可逆機関の中でのエネルギーの保存
2.熱機関の最大エネルギー変換効率
3.燃料電池の最大エネルギー変換効率
第4節 燃料電池反応と内部抵抗
1.燃料電池の平衡起電力と内部抵抗
2.燃料電池の反応によって生ずる過電圧
3.燃料電池に用いる電解質などの材料とその中でのオーム損
3.1 水溶液
3.2 溶解塩
3.3 イオン交換膜
3.4 無機系固体電解質
3.5 電極および内部連結体材料
第5節 燃料電池の種類と用途
1.はじめに
2.固体高分子電解質型燃料電池
3.リン酸型燃料電池
4.溶融炭酸塩型燃料電池
5.固体酸化物型(固体電解質型)燃料電池
6.アルカリ電解質型燃料電池