“豊富な事例に基づく”
ヒューマンエラー防止のための事前対策法

(10:00〜17:00 プログラム例)
1.ヒューマンエラーの種類
 1.うっかりミス
 2.信じられないミス
 3.考えられないミス
 4.読めないミス
2.人とは何か・・・・なぜヒューマンエラーが起きるのか
 1.脳の構造
 2.脳の働き
  (1) 潜在意識 (2) 建前と本音
  (3) 仏と神 (4) 男と女
  (5) 日本人と欧米人
 3.若者の脳の働き
   −年々、脳の中心的働きの脳幹(生命の座)が弱っている
3.ヒューマンエラーによるポカ・事故と事前対策
  −ポカ・事故は前もってわかる−
 1.直観・・・先見力・洞察力
  (1) 直観とは (2) 直感力の育成
 2.ツキを持つ
  (1) ツキのメカニズム (2) ツキの持ち方
  (3) 予知能力  
 3.管理方法
  (1) 管理すればするほど起こるミス (2) 欧米的管理がポカミスを招く
  (3) 人間尺と計算尺  
 4.三乗一乗の法
   −人は大人になると三つのタイプに完成される。
     それぞれ合った方法をとらないと間違いを起こす。
  (1) 声聞乗(守り型・管理型) (2) 菩薩乗(自主管理型・責任型)
  (3) 縁覚乗(無管理の管理型)  
 5.心身のストレス
  (1) 心身のリラックス体操 (2) 緩急自在
  (3) 若さの錯覚  
 6.集中力の訓練
 7.観察力
  (1) 真実のデータ (2) 自在
  (3) 固定観念を切る  
 8.好き
  (1) 愛 (2) 一体一如
  (3) 笑顔  
 9.問題解決能力
  (1) 統計的管理 (2) 集団規範
  (3) 参画社会 (4) 知恵
  (5) チェックリスト法 (6) あいさつ
 10.チームワーク
  (1) 日本人型 (2) 欧米人型
  (3) 徳と才  
 11.条件反射
  (1) 意欲 (2) 作業服
  (3) ツボ  
4.事例研究と対策
 1.電気・電力会社の事故
 2.航空会社の事故
 3.ゴルフ・野球
 4.食品会社等
【質疑応答】