計装設計マニュアル

<使う側にたったセンサ選びとDCS設計>

= 選択の基準長所・短所 =

流量計、温度計、レベル計、圧力計、コントロールバルブ、プロセス用分析計、
防爆構造、DOSのハード/ソフト設計

 

◆ 著者はしがきより ◆

 ここに揚げた計装設計技術は使う側に立った技術入門である。その意味でよく使われ、

信頼性の確立したものしかとりあげていない。メーカーの立場に立って何もかも、こまめに

とりあげ平等に紹介することはしていない。また学問的にいろんな分類の名をつけ、多く

のセンサをとりあげ、系統的に整理することの技を披露することもしていない。多く使われ

るものに多くの紙面をさき、今後伸びていくセンサも多くのことを書くようにした。限られた

適用しかない特殊なものは、ほんの数行の紹介で終わっている。平等よりも公平である。

この書を読めば計装技術の主流は理解できるようになっている。

 また、すべてをストレートに書いている。選択の基準、長所、短所すべてストレートであ

る。素朴に飾らず見たことを書き、鈍い自分にとっても、納得のいくわかりやすさで書い

た。いたるところで自分の考えを出し、個性を出している。

 


TOPへ

総目次へ