ホームページへ書籍一覧へ

 

混練・分散の基礎と先端的応用技術

総目次

基礎編 粒子の調製・構造及び分散
 
第1章 単分散粒子
第1節 調製法概論   
第2節 酸化物無機粒子の調製
第3節 高分子ラテックス
第4節 単分散粉体粒子
第2章 複合粒子
第1節 無機・有機複合粒子の調製
第2節 無機微粒子のグラフト化
第3節 粉体微粒子の複合化
第3章 微粒子の分散とその評価法
第1節 分散・凝集の基礎 
第2節 ヘテロ凝集 
第3節 濃厚分散系のゼータ電位と分散・凝集
第4節 分散・凝集の評価法
第4章 分散と混練分散
第1節 分散系の安定性と混練・分散
第2節 高分子の添加と分散・凝集作用
第3節 界面活性剤の添加と混練
第4節 レオロジー変化
第5章 混練・分散技術のトピックス
第1節 貴金属ナノ粒子の濃厚分散ペーストの調製 
第2節 真珠顔料の調製と混練
第3節 磁性粒子の分散・混練
第4節 濃厚分散系の混練とセラミックス成形
 
装置編 最新混練装置の特長と応用技術
第1章 ポリマー混練装置の種類・混練機構・特長
第1節 ポリマー・フィラーの混練・分散のレオロジー理論
第2節 ポリマー混練のCAE
第3節 ポリマー混練装置の種類
第4節 バッチ式混練機
第5節 連続式混練機
第6節 二軸押出機
第7節 単軸押出機
第2章 ポリマー混練装置の用途、応用例
第1節 フィラーの混合
第2節 ポリマーブレンド・アロイ
第3節 乾燥・脱揮
第4節 化学反応(リアクティブプロセッシング)
第3章 最新混練装置および技術
第1節 株式会社日本製鋼所
第2節 東芝機械株式会社 
第3節 三菱重工業株式会社
第4節 株式会社神戸製鋼所
第5節 株式会社モリヤマ
第6節 コペリオン株式会社
第7節 Farrel社(米国)
第8節 Pomini社(伊)
 
応用編 先端的応用と混練・分散技術の重要性
第1章 ポリマーアロイ・ブレンド分野への応用
第1節 ポリマーアロイ・ポリマーブレンドにおける混練・分散技術の重要性
第2節 オレフィン系ポリマーのポリマーアロイ製造技術とその応用
第3節 ポリカーボネート系・PPO系のポリマーアロイ製造技術とその応用
第4節 自動車部品用ポリマーアロイの製造技術とその応用
第5節 ポリアミド系ポリマーアロイの製造技術とその応用術
第6節 リアクティブプロセッシング
第2章 機能性コンパウンド分野への応用
第1節 各種機能性コンパウンドの役割と混練分散技術の重要性 
第2節 導電性コンパウンド技術
第3節 熱伝導性コンパウンド技術−混練・分散が熱伝導性特性に及ぼす要因と評価  
第4節 無機充填剤複合、高比重、磁性コンパウンド技術 
第5節 難燃材料のコンパウンド技術  
第6節 天然繊維・粉末およびリサイクル材料複合コンパウンド技術
第7節 半導体封止材料のコンパウンド技術
第8節 感光材料のコンパウンド
第3章 熱可塑性エラストマー分野への応用
第1節 各種TPE(熱可塑性エラストマー)の最新技術動向
第2節 スチレン系エラストマーの基本的配合と混練・分散技術
第3節 オレフィン系熱可塑性エラストマーと動的架橋工程における混練・分散技術
4節 エンプラ系エラストマー(TPU、TPEE、TPEA)の特性
第4章 ナノテクノロジー応用分野への応用
第1節 ナノフィラーとポリマーとの複合化技術とその応用分野
第2節 カーボンナノチューブとポリマー複合化技術
第3節 ナノフィラー/プラスチック複合体の自動車部品への適用
第4節 各種ナノフィラーの製造と応用技術
第5章 ゴム工業分野への応用
第1節 ゴム工業における混練・分散技術の重要性
第2節 カーボンブラックの特性と混練・分散技術
第3節 特殊工業用ゴム(SBRを除く)の特性と混練・分散技術
第4節 ゴム用充填剤とその応用
第6章 接着剤工業分野への応用
第1節 接着剤工業(ゴム系、ホットメルト、エポキシ系、溶剤形等)
     における 混練・分散技術の重要性
第2節 無機フィラー複合シーラントにおける混練・分散技術
3節 各種粘着剤基本配合と混練・分散技術
第7章 顔料・塗料・インキ工業分野への応用
第1節 顔料の調製と混練・分散技術の重要性
第2節 塗料工業における混練・分散技術の役割とその制御
第3節 印刷インキにおける顔料分散
第4節 インクジェットプリンタ用インク
第8章 化粧品分野への応用
第1節 化粧品分野における混練・分散技術の重要性
第2節 各種分散による化粧品の混練・分散制御
第9章 医薬品分野への応用
第1節 医薬品における混練・分散技術の重要性
第2節 加熱熔融混練・分散技術を利用した医薬品の製剤設計
第10章 食品分野への応用
第1節 食品産業における混練・分散技術の重要性 
第2節 食肉を中心とする線維状食品 
第3節 エクストルーダへの超臨界二酸化炭素の注入 
第11章 ファインセラミックス工業分野への応用
第1節 ファインセラミックス製造工程における混練・分散技術の重要性
第2節 生体材料の混練とその応用
第12章 廃棄物処理分野への応用
第1節 廃棄物分野における混練・分散技術の重要性
第2節 多種混合プラスチック廃棄物の混練・相溶化によるリサイクル


TOPへ