ホームページへ書籍一覧へ

※当書籍は、『三省堂書店 神保町本店』でもお買い求めいただけます。
ご来店の際は、ぜひお手に取ってご覧下さい。
ISBN 978-4-924728-51-6 C3050

◆対象高分子165種類の通常熱分解パイログラムに加え33種類の縮合系高分子の反応熱分解パイログラムを載録!
◆監・著者らが測定・検出した貴重なデータ群および基礎編での丁寧な解説を加え系統的にまとめた初めてのデータ集!
◆高分子のキャラクタリゼーションの諸分野でPy-GCを活用されている方に今最も役立つ実務に徹した一冊!

高分子熱分解GC/MS
−基礎およびパイログラム集−

Pyrolysis-GC/MS of Highpolymers
Fundamentals and Pyrogram Compilations

●編集者  敬称略
柘植 新
  名古屋大学 名誉教授
         愛知工業大学 教授 工学博士

●執筆者  敬称略
柘植 新   名古屋大学 名誉教授
         愛知工業大学 教授 工学博士
大谷 肇
  名古屋工業大学 教授 工学博士
渡辺 忠一 フロンティア・ラボ株式会社
         代表取締役 工学博士

●発 刊  2006年 10月 30日
●体 裁  A4判 函入り上製 512頁
●価 格  78,000円 +税
       
国内送料弊社負担
●ISBN  978-4-924728-51-6
        C3050

●発 行  株式会社テクノシステム

−発刊にあたって−(抜粋)
 今回の本書を編纂するにあたって,内外からの要望とこの間の関連分野での諸進歩を考慮して,165種類の対象高分子について従来から用いてきた不活性キャリヤーガス中での,通常の熱分解によって測定したパイログラムに加えて,33 種類の縮合系の高分子等については,最近開発された反応試薬共存下での選択的な反応熱分解によって測定したパイログラムも載録した。したがって,基礎編ではその新しい測定法の解説も行った。また,最近の GC/MS 直結システムの著しい普及により,Py-GC の日常的な測定の多くがしばしば GC/MS 直結系で行われ,パイログラム全体の測定は,取りあえず TIM でなされることが多くなってきた状況を考慮し,今回はすべて四重極質量分析計(MS)を検出系として直結した Py-GC/MS による,総イオン検出(TIM)を用いたものを載録した。本データ集が旧版と同様に,高分子のキャラクタリゼーションの諸分野で,Py-GC を活用されている方々に役立てていただければ,著者らにとってこの上ない幸いである。                    著者 識
 

●主な目次                      総目次へ    
第1編 高分子の熱分解GC/MSの基礎

 第1章 熱分解GC/MSの発展小史
 第2章 高分子の熱分解特性
    2.1 主鎖開裂型の熱分解過程
    2.2 側鎖反応型の熱分解過程
 第3章 熱分解 GC/MS の測定システム構成と測定条件の最適化
    3.1 測定システムの構成
    3.2 熱分解装置
    3.3 熱分解条件の最適化
    3.4 パイログラム上のピーク成分の同定・定量
    3.5 測定システムの点検と校正
 第4章 化学反応を併用した熱分解によるパイログラム測定
    4.1 熱分解・連続水素添加法
    4.2 試薬共存下での選択的な反応熱分解法

第2編 高分子のパイログラム集
 第1章 測定条件およびデータ表示法
    1.1 熱分解装置と熱分解条件
    1.2 GC/MS の測定条件
    1.3 MS 検出と FID 検出によるパイログラムの違い
    1.4 データの表示方法
 第2章 各種高分子のパイログラム集
    2.1 エチレン単位を主体とするビニル型ポリマー
   
2.2 ポリオレフィン
   2.3 スチレン単位を主体とするビニル型ポリマー
   2.4 スチレン誘導体を基本単位とするビニル型ポリマー
   
2.5 アクリル系ポリマー
   2.6 含塩素ビニル型ポリマー
   2.7 含フッ素ビニル型ポリマー
   2.8 その他のビニルポリマー
   2.9 ジエン系エラストマー
   2.10 ポリアミド
   2.11 ポリアセタールおよびポリエーテル
   2.12 熱硬化性樹脂
   2.13 ポリイミドおよびアラミド型エンジニアリングプラスチック
   2.14 ポリエステル
   2.15 フェニレン骨格を有するその他のエンジニアリングプラスチック
   2.16 シリコーン系ポリマー
   2.17 セルロース系ポリマー
   2.18 ポリウレタン
   2.19 その他天然高分子等

第3編 縮合系高分子の反応熱分解によるパイログラム集
 第1章 測定条件およびデータ表示法
   1.1 反応熱分解条件
   1.2 データの表示方法
 第2章 各種縮合系高分子の反応熱分解パイログラム集

 付録 1 GC 用分離カラムの分類と特徴
 付録 2 GC 分離カラム用の固定相液体の化学構造と相対極性および膜厚の影響
 付録 3 保持指標[Retention Index: RI]の定義とその利用法
 付録 4 GC 用検出器の分類と特徴
 付録 5 水素炎イオン化検出器(FID)に対する有機化合物の有効炭素数
 付録 6 反応熱分解に使用されている各種の有機アルカリ試薬
 付録 7 熱分解 GC/MS に関する成書・解説等


索引

総目次へ

 


※当書籍は、『三省堂書店 神保町本店』でもお買い求めいただけます。 
ご来店の際は、ぜひお手に取ってご覧下さい。



HOME へ