ホームページへ書籍一覧へ


※当書籍は、『三省堂書店 神保町本店』でもお買い求めいただけます。 
ご来店の際は、ぜひお手に取ってご覧下さい。 
        ISBN 978-4-924728-63-9 C3050 

世界的に転機を迎えつつあるシール技術。密封理論や設計の基礎から、最近の技術動向、トラブル解析事例までを網羅した1冊!


最新 シーリングテクノロジー
−密封 漏れの解明
とトラブル対策−

Sealing Technology -The Solution of Leakage Trouble-


         ◇◆漏れに対する考え方の世界的な変容をふまえ、密封理論、設計、材料選択の基礎から、最近の技術動向、豊富な適用事例を網羅した現時点のシール技術の総攬。漏れの問題に携わってきた多くの研究者・技術者によるデータおよび解説を集約。締結体やパッキンの適用事例はもちろんのこと、漏れ事故、トラブル解析事例まで網羅した集大成。◆◇


●監 修
 敬称略

似内 昭夫

 元 玉川大学 工学部 教授 トライボロジーアドバイザー 博士(工学)
 

澤 俊行  広島大学 大学院工学研究院 機械システム工学専攻 教授 工学博士
 

●編集委員 敬称略

小林 隆志  沼津工業高等専門学校 機械工学科 教授 技術士(機械部門) 博士(工学)
高橋 秀和  イーグル工業株式会社 技術本部 技術副本部長
永田 聡

 東洋エンジニアリング株式会社 技術ビジネス本部 応用技術グループ
 テクニカルエキスパート(構造解析) 博士(工学)


●執筆者 52名 執筆者一覧へ

●発 刊 2010年12月18日
●体 裁 B5判 二段組上製本 896頁
●価 格 48,000円+税
  ※国内送料は弊社負担
●ISBN 978-4-924728-63-9
       C3050
●発 行 株式会社テクノシステム

    印刷用パンフレット(PDF)


●主な目次 (詳細目次は各章タイトルをクリックするとご覧になれます。)

第1編 基礎編

第1章   シールの基礎知識
1節 シールの役割
2節 シールの種類と特徴

第2章   シール技術を支える基幹技術
1節 トライボロジーの基礎
2節 シール用材料の基礎

第2編 静的シール・基本編

はじめに

第1章 ガスケットの密封理論 

第2章 ガスケットの分類
1節 シートガスケット
2節 うず巻形ガスケット
3節 波形,のこ歯形ガスケット他
1項 波形,のこ歯形ガスケット
2項 カンプロファイルガスケット

3項 Oリング
4項 リングジョイントガスケット

5項 液状ガスケット

第3章 ガスケットの選定
1節 ガスケットの選定条件
2節 ガスケットの諸特性
1項 変形特性
2項 粘弾性特性
3項 熱的特性

3節 用途別適用例
1項 一般産業用ガスケット
2項 エンジンガスケット

3項 液状ガスケット

第4章 締結体設計の基礎
1節 締結体の構成要素
1項 配管
2項 管フランジ

3項 ボルト・ナット
2節 ガスケットの密封性能とその評価

3節 締結体の密封設計
1項 従来のフランジ締結体設計法
2項 新しいフランジ締結体設計法

3項 日本で開発された設計法

第5章 締結体施工の基礎
1節 管フランジの締付け方法
2節 管フランジ締付けの実際
3節 管フランジ締結体の塑性域ボルト締付け

第3編 静的シール・応用編

第1章 最近の動向
1節 ガスケットの非石綿化
1項 石綿規制の法制化
2項 ガスケットメーカの対応と課題
2節 最近のガスケット材料
1項 膨張黒鉛材料
2項 フッ素樹脂系

3節 最近の漏えい防止設計の国際動向
1項 米国
2項 欧州

3項 日本
4節 コンパクトフランジ
5節 締結体の有限要素解析
1項 解析事例
2項 密封性能評価

第2章 トラブルケーススタディ
1節 兵庫県南部地震におけるLPガス貯蔵所内
    配管フランジ部からのLPガス漏えい事故

2節 横浜市水道局漏えい事故
3節 ウェザーシールに起因する漏えい事故

第3章 締結体の実例と漏えい防止対策
1節 石油精製
2節 化学
3節 原子力
4節 上下水道
5節 自動車エンジン
6節 冷凍機

第4編 動的シール・基本編

第1章 パッキンの分類

第2章 パッキンの密封理論
1節 往復動シール
1項 スクィーズパッキン
2項 リップパッキン
3項 ピストンリング
2節 回転軸シール
1項 オイルシール
2項 グランドパッキン
3項 メカニカルシール
4項 その他(セグメントシール)

3節 非接触式シール
1項 ラビリンスシールの密封理論
2項 ビスコシール

3項 磁性流体シール

第3章 パッキンの選定
1節 各種パッキンの選び方
2節 パッキン材料の選定

第4章 パッキンの設計と取り扱い
1節 接触式シール
1項 スクィーズパッキン
2項 リップパッキン
3項 オイルシール

4項 グランドパッキン
5項 メカニカルシール
2節 非接触式シール
1項 ラビリンスシールの設計
2項 ビスコシール
3項 磁性流体シール

3節 シールシステム設計
1項 油圧システムにおけるシール設計上の留意点
2項 空気圧システムのシール設計
3項 回転機械のシールシステム


第5編 動的シール・応用編

第1章 パッキンの適用例
1節 シール別適用事例
1項 Oリング
2項 リップパッキン(1)

3項 リップパッキン(2)
4項 オイルシール(1)

5項 オイルシール(2)
6項 グランドパッキン
7項 磁性流体シール
8項 メカニカルシール(1)
9項 メカニカルシール(2)

2節 機種別適用事例
1項 自動車用(四輪)
2項 自動車用(二輪)
3項 建設機械用油圧シリンダシールシステム
4項 プロセス用

5項 高温用
6項 高速用
7項 高圧用
8項 ケミカル用
9項 スラリー用
10項 大形機器用メカニカルシール
11項 攪拌機用メカニカルシール
12項 ロケットエンジン用


第2章 動的シールトラブルケーススタディ
1節 オイルシールのトラブルケーススタディ
2節 リップパッキンのトラブルケーススタディ
3節 メカニカルシールのトラブルケーススタディ

第3章 パッキンの試験法

第4章 パッキンの技術動向
1節 オイルシールの技術動向
2節 リップパッキンの技術動向

3節 メカニカルシールの技術動向

第5章 パッキンの関連規格


索引



※当書籍は、『三省堂書店 神保町本店』でもお買い求めいただけます。 
ご来店の際は、ぜひお手に取ってご覧下さい。


HOME へ