ホームページへ書籍一覧へ

最新・工業塗装ハンドブック
Handbook of The Industrial Coating

第1編 総目次

第1編「工業塗装」の目的



第1章 「工業塗装」の適用範囲 <河合 宏紀>
  
  「工業塗装」の適用範囲と支える技術の範ちゅう


第2章 金属材料の腐食と防食
 
 第1節 金属材料と環境 (今井 八郎)
  1. 金属材料の腐食現象
   1.1 腐食とは
   1.2 腐食と環境
    1.2.1 湿式環境での腐食 (湿食,wet corrosion)
    1.2.2 乾燥気体環境での腐食 (乾食,dry corrosion)
   1.3 腐食現象と防食の考え方
 
 第2節 腐食現象とその電気化学 (今井 八郎)
  1. 腐食の電気化学
   1.1 アノードとカソード
   1.2 電極電位
   1.3 電位−pH 図
   1.4 分極曲線
   1.5 不動態
  2. 腐食形態と防食技術
   2.1 腐食形態の分類
   2.2 全面腐食,General or Uniform Corrosion
   2.3 局部腐食,Localized Corrosion
    2.3.1 粒界腐食,Intergranular Corrosion
    2.3.2 孔食とすきま腐食
     a. 孔食,Pitting Corrosion
     b. すきま腐食,Crevice Corrosion
    2.3.3 応力腐食割れ,Stress Corrosion Cracking
    2.3.4 水素ぜい化,Hydrogen Embrittlement
    2.3.5 エロージョン・コロージョン, Erosion・Corrosion
    2.3.6 みぞ状腐食
    2.3.7 その他の局部腐食
     a. 銅の蟻の巣状腐食
     b. 腐食疲労,Corrosion Fatigue
     c. ガルバニ腐食,異種金属接触腐食
     d. 脱成分腐食
   2.4 高温腐食,高温酸化
 
 第3節 表面処理材を中心とした防食技術 (今井 八郎)
  1. 表面処理の考え方と考慮すべき材料側因子
  2. 表面処理法の分類とその概要
  3. 表面処理をするときの考慮すべき材料側因子
  4. 防食技術の概要
   4.1 表面処理材の防食に対する基本的な考え方
   4.2 表面処理層の構造とその防食対策
   4.3 塗装および塗膜層による防食対策
    4.3.1 金属被膜
     a. 合板(クラッド材)
     b. 金属薄層ライニング
     c. めっき
     d. 溶射
    4.3.2 無機被覆
    4.3.3 有機被覆
    4.3.4 インヒビター
   4.4 電気防食
    4.4.1 カソード防食
    4.4.2 アノード防食
 
 第4節 腐食診断の手法 (今井 八郎)

  1. 腐食診断の手法
  2. 腐食試験法
   2.1 腐食速度の表示
   2.2 腐食試験法のJISの一例
  3. 防食設計
     a. 構造設計
     b. 材料の選定

まとめ

TOP へ
執筆者一覧 へ
第2編 へ
第3編A へ
第3編B へ
第4編 へ
第5編 へ
第6編 へ