ホームページへセミナー一覧へ

日本工業出版社主催・テクノシステム共催

2018年4月開催セミナーのお知らせ

◆東京・大阪・福岡同時開催◆


プラント配管設計の基礎
(二相流)


 プラント配管には様々な流体が流れており、配管に及ぼす影響を考慮した設計が求められます。本セミナーでは、各種現象の本質を理解していただくことを主眼としており、中でも、トラブルの原因にもなりやすい気液二相流の設計について詳細に解説いたします。配管設計に携わる皆様のご参加をお待ちしております。

 ※ 講演者は東京会場で講演いたしますので、大阪・福岡会場は中継での受講となります。
 ※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。

講 師:

 木内 龍彦 
  工学博士 元東洋エンジニアリング株式会社
 井關 崇司 
  東芝エネルギーシステムズ株式会社 火力・水力事業部 火力プラント技術部
 和泉 栄
  富士電機株式会社 発電事業本部

日 時:

 2018年 4月 26日(木) 13:00〜17:00

会 場:
 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター
          (東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
 大阪会場 大阪エデュケーションセンター
          (大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
          (福岡市博多区博多駅東1-16-14)
  ※お申し込みの際、どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください
定 員:
 東京会場30名 大阪会場15名 福岡会場10名
受講料:

 32,400円   (1名につき-テキスト代・消費税を含む)
 ※ 1社3名以上ご参加の場合,1名につき27,000円
     (テキスト代・消費税を含む)

 ご希望の方は、関連書籍を割引で提供致します。
    (※受講をお申込頂いた方のみ対象となります。

    
関連書籍(1)「プラントレイアウトと配管設計」
            1冊 3,240円 (税込)   書籍の詳細はこちら
    
関連書籍(2)「化学プラント配管設計の基本」
            1冊 3,240円  (税込)  書籍の詳細はこちら   


  ご希望の方は、下記のフォームより別途お申し込みください。
  セミナー受講受付を確認後、ご連絡させていただきます。

     【関連書籍お申し込み】

主 催:
 日本工業出版株式会社
共 催:
 株式会社テクノシステム


時間 演題・概要 講師 (敬称略)

13:00〜14:50

【流れに起因する各種現象と配管に与える影響】
木内 龍彦
元東洋エンジニアリング
工学博士

管内流による動荷重設計は多岐に渡るため、日頃それら現象の本質を理解しておく必要がある。講義では水撃・二相流・サージング・レシプロ系脈動・弁に起因する自励振動の解説に加え、プレコミ時のAir Blow流速について解説する。

講義目次
・ウオーターハンマー(水撃、管内非定常流現象)
・キャビテーション(弁・オリフィス、ポンプ吸込)
・二相流(気化・凝縮、不安定振動、スラグ衝突)
・サージング(ポンプ、圧縮機配管系)
・レシプロ回転機廻り配管脈動と振動
・弁に起因する流体自励振動 
・高速流による配管振動

 

15:00〜16:50

【二相流配管の圧力損失を計算する
 <気液二相流配管のサイジングと評価ポイント>】

井關 崇司
東芝エネルギーシステムズ
火力・水力事業部
火力プラント技術部

発電プラント配管で扱う二相流配管の管内流動状態(フローパターン)、二相流圧力損失を具体的な配管レイアウトに対して事例計算・評価により解説する。また重力流れの二相流不安定流動、臨界二相流についても紹介する。

講義目次
・発電プラント配管系統と気液二相流の特徴
・気液二相流のフローパターン 
・気液二相流圧力損失の計算方法
・ヒータドレン管二相流の圧力損失計算事例
・重力流れによる二相流不安定流動と評価
・二相流と臨界流の評価
・過渡時の減圧フラッシュと凝縮を伴う水撃と防止方法

 

16:00〜17:00

【欧州系蒸気タービンの導入事例】

和泉 栄
富士電機
発電事業本部

再生可能エネルギーの導入で先行している欧州での蒸気タービンメーカの開発事例を紹介する。特に、Siemens社 はスロットルガバニング,壺型タービン等独特の運用、構造の特徴を有している。急峻な負荷変動、急速起動等に対応した構造要素技術、また、過酷な運用に対応した保守技術について概説する。また、再生可能エネルギーの中では発電性能が安定している地熱発電についても概要を紹介する。

 


※プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。

 

お申し込み・お問い合わせ方法
下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください