ホームページへセミナー一覧へ

日本工業出版社主催・テクノシステム共催

2018年5月開催セミナーのお知らせ

◆東京・大阪・福岡同時開催◆


ポリエチレン管を取り巻く最新動向
〜汎用ポリエチレン管規格(JISK6761)改正を受けて〜


 インフラ管材として、埋設のガス管・水道管(給水管・配水管)・下水道管分野で市場を確立してきたポリエチレン管ですが、露出の工場設備配管用途等でも新たな市場展開が始まっています。また、2017年11月には、汎用ポリエチレン管規格(JISK6761)が改正され、ISO規格との整合性が進展した結果、海外市場と一体化したポリエチレン管の汎用品化が進むとみられます。本セミナーでは、国内の管材需要が伸び悩む中、ポリエチレン管だけが市場を拡大しつづける現況を俯瞰するとともに、ポリエチレン管を活用した新たな工法が今後の設備配管工事を変えていく可能性を検証します。

 ※ 講演者は東京会場で講演いたしますので、大阪・福岡会場は中継での受講となります。
 ※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。

講 師:
 長谷川 清 クリモトポリマー株式会社
 檜物 友和 日本ポリエチレンパイプシステム協会
日 時:

 2018年 5月 23日(水) 13:00〜16:30

会 場:
 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター
          (東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
 大阪会場 大阪エデュケーションセンター
          (大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
          (福岡市博多区博多駅東1-16-14)
  ※お申し込みの際、どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください
定 員:
 東京会場30名 大阪会場15名 福岡会場10名
受講料:

 32,400円   (1名につき-テキスト代・消費税を含む)
 ※ 1社3名以上ご参加の場合,1名につき27,000円
     (テキスト代・消費税を含む)

 ご希望の方は、関連書籍を割引で提供致します。
    (※受講をお申込頂いた方のみ対象となります。

    
関連書籍(1)「建築設備 配管工事読本」
            1冊 3,240円 (税込)   書籍の詳細はこちら
    
関連書籍(2)「空調衛生設備 試運転調整業務の実務知識」
            1冊 3,240円  (税込)  書籍の詳細はこちら   


  ご希望の方は、下記のフォームより別途お申し込みください。
  セミナー受講受付を確認後、ご連絡させていただきます。

     【関連書籍お申し込み】

主 催:
 日本工業出版株式会社
共 催:
 株式会社テクノシステム


時間 演題・概要 講師 (敬称略)

13:00〜14:30

【ポリエチレン管の特徴と取り巻く最新の動向(市場/技術)】
長谷川 清
クリモトポリマー

 

埋設の給水管から始まったポリエチレン管の用途展開の歴史を俯瞰するとともに、ポリエチレン管が評価されてきたポイントと今後の展開の方向を詳述する。

講義目次
(1)ポリエチレン管市場拡大の歴史・水道用途(給水管・配水管)/ガス用途
(2)ポリエチレンが評価されるポイント
(3)国際規格との整合化
(4)ポリエチレン管の今後の展開

 

14:40〜15:40

【工場設備配管向けポリエチレン管の現状と今後の展開】

従来埋設配管として使われてきたポリエチレン管を露出配管として使う動きが強まっている中、新たな用途展開先として注目される工場設備配管の現状と今後の展開を詳述する。

講義目次  
(1)露出配管へのポリエチレン管の進出  
(2)工場設備配管ポリエチレン管化の可能性  
(3)鋼管vsポリエチレン管棲み分けへ

 

15:50〜16:30

【JIS K6761一般用ポリエチレン管改正のポイント】

檜物 友和
日本ポリエチレン
パイプシステム協会

水道用途を除く水輸送用ポリエチレン管の規格であるJIS K6761が2017年11月に改正された。対応ISO規格改正への整合化と、普及が進む一般用ポリエチレン管(黒色)の実情に合わせて口径拡大等の改正を行っており、これらのポイントについて説明する。

講義目次  
(1)K6761改正のポイントと市場への影響  
(2)当協会の活動内容

 


※プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。

 

お申し込み・お問い合わせ方法
下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください