ホームページへセミナー一覧へ

日本工業出版社主催・テクノシステム共催

2018年6月開催セミナーのお知らせ

◆東京・大阪・福岡同時開催◆


化学プラントプロセス設計中級編


 化学プラントのプロセス設計を遂行する上で“設計品質の確保とコストダウン”、“リスクテイクと安全対策”は相反するコンセプトであると共に十分に配慮すべき要因です。 本講座の前半ではプロセス設計業務をプロジェクト進捗に合わせて説明し、プロセス設計と装置設計の間で交わされる情報を“設計品質の確保とトラブル対策”に注目して説明します。また、環境問題に起因するプロセス設計の品質向上は更なる設備のコストアップとなる可能性があり、そこに安全への軽視が重なると大きな事故を招く恐れがあります。本講座の後半では品質向上と設備のコストアップ、安全対策とリスクテイキング(リスクを敢えて取ること)の三極構造を説明し、最適解を得るための方法をプロセス設計に基づいて説明します。プラントの装置設計(機器設計、配管設計や計装設計など)に携わる方のご参加をお待ちしております。

 ※ 講演者は東京会場で講演いたしますので、大阪・福岡会場は中継での受講となります。
 ※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。

講 師:

 小林 幸博
 コムテック・クウェスト 元)東洋エンジニアリング

日 時:

 2018年 6月 20日(水) 13:00〜17:00

会 場:
 東京会場 お茶の水エデュケーションセンター
          (東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)
 大阪会場 大阪エデュケーションセンター
          (大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
          (福岡市博多区博多駅東1-16-14)
  ※お申し込みの際、どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください
定 員:
 東京会場30名 大阪会場15名 福岡会場10名
受講料:

 32,400円   (1名につき-テキスト代・消費税を含む)
 ※ 1社3名以上ご参加の場合,1名につき27,000円
     (テキスト代・消費税を含む)

 ご希望の方は、関連書籍を割引で提供致します。
    (※受講をお申込頂いた方のみ対象となります。

    
関連書籍(1)「蒸気タービン新改訂版」
            1冊 3,240円 (税込)   書籍の詳細はこちら
    
関連書籍(2)「ターボ機械入門編」
            1冊 3,240円  (税込)  書籍の詳細はこちら   


  ご希望の方は、下記のフォームより別途お申し込みください。
  セミナー受講受付を確認後、ご連絡させていただきます。

     【関連書籍お申し込み】

主 催:
 日本工業出版株式会社
共 催:
 株式会社テクノシステム


時間 演題・概要

13:00〜14:00

 

【プロセス設計を遂行するポイント】

化学プラントにおけるプロセス設計をプロジェクトの進捗状況に沿って、プロセス設計が中心となる概念設計、プロセス設計から装置設計に移行する基本設計、装置設計から再びプロセス設計に重点を移す運転制御システムの確立までの要点を説明します。

 

14:10〜15:30

【プロセス設計における品質確保とトラブル対策】

プロセス設計の品質を改めて定義し、プロセス設計から装置設計(機器設計・配管設計・計装設計など)へ伝達される情報とデータを“設計品質の確保”と“トラブル対策”に注目して説明します。その中でプロセス設計を行う上で必要な資質と能力について説明します。

 

15:40〜17:00

【品質向上・コストアップ・リスクテイキングに対する正しい知識】

プロセス設計の品質向上と設備のコストアップ、それとリスクテイキングは三極構造になっています。ここではそれら三極の関係を正の相関と負の相関の面から説明し、最適解を得るための方法をプロセス設計に基づいて説明します。その中で“プロセスエンジニアになるということ”についても説明します。

 


※プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。

 

お申し込み・お問い合わせ方法
下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください