ホームページへセミナー一覧へ

2017年6月開催セミナーのお知らせ

微生物の培養検査

− 微生物の取り扱いと培養の実際−



微生物の同定に不可欠な培養検査の基本を、微生物の取り扱いの初歩から実際の操作まで丁寧に解説。  

意図しない微生物などの混入(コンタミネーション)を防ぎ、培養検査を適切に確実に失敗なく実施するための操作と手順のポイントをわかりやすく解説します。

 講 師  古畑 勝則 
 麻布大学 生命・環境科学部 教授 学部長 博士(獣医学)
 日 時  2017年 6月 23日(金) 10:00〜16:00
 会 場  東京 御茶ノ水 中央大学駿河台記念館5F 570号室 地図はこちら                
 (千代田区神田駿河台3−11−5 Tel. 03−3292−3111)
 受講料  40,000円
   (1名につき-テキスト代・昼食代・喫茶代・消費税を含む)
 1社2名以上同時お申込みの場合,1名につき35,000円
   (テキスト・昼食・喫茶・消費税を含む)
 主 催  株式会社テクノシステム


《 講師からのメッセージ 》

 微生物の培養検査は、「滅菌」に始まり、「滅菌」に終わると言われます。このことを十分に理解していただいたうえで、微生物の取り扱いと培養法の実際を講義いたします。当日は、微生物の特性を理解していただくことと無菌操作の重要性を習得していただければと思います。


《 プログラム 》

 1.微生物とはなにか
   1) 細菌 …… 構造と機能など
   2) 真菌 …… 形態、構造、増殖など
   
3) ウイルス …… 構造、病原性など

 2.微生物の取り扱い
   
1) 感染症の制御
      @ 滅菌と消毒 …… 各種消毒薬
      A バイオハザードと感染症

 3.微生物培養法  
   1) 細菌の培養
      @ 細菌用培地 …… 種類と組成
      A 培養法
…… 培養条件、接種法
   2) 真菌の培養    
   3) ウイルスの培養

 4.微生物染色法
   1) 細菌の染色 …… グラム染色
   2) 真菌の染色 …… 墨汁染色

 5.細菌の鑑別・同定検査  
   1) 形態学的性状    
   2) 生理学的性状    
   3) 生化学的性状

 6.遺伝子検査     

【質疑応答】

 

お申し込み・お問い合わせ方法
下の申込みボタンをクリックして下さい。申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。
申込み欄のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。

FAXでお申し込みの方はこちらの用紙をお使い下さい。