ホームページへセミナー一覧へ

2017年6月開催セミナーのお知らせ

★磁性材料の使い勝手から磁気の計測までをわかりやすく解説!

エンジニアのための
磁性の基礎と磁性材
料入門


講 師:  岐阜大学  名誉教授   工学博士   岡崎 靖雄 氏
日 時:

 2017年  6月 28日(水) 10:00〜17:00

会 場:  東京 御茶ノ水 中央大学駿河台記念館5F 570号室
 (千代田区神田駿河台3-11-5 Tel. 03-3292-3111) 地図はこちら
受講料:

 40,000円 (1名につき-テキスト代・昼食代・喫茶代・消費税を含む)
 1社2名以上同時お申込みの場合,1名につき35,000円
   (テ
キスト代・昼食代・喫茶代・消費税を含む)

主 催:  (株)テクノシステム

  セミナー概要

 今や電気機器には、必ずといってよいほど磁性材料が使われています。
 メーカー、ユーザーのエンジニアを問わず、今後は磁性の特性を把握し、使いこなす要求がますますふくらむものと思われます。
 本セミナーでは、目に見えないがゆえに分りづらい磁気の特性と基礎知識、永久磁石の特性・応用から、磁気の測定までをわかりやすく解説していただきます。


  プログラム

 1.磁性材料の基礎

  ・磁性材料は何に使われるか

  ・電流が流れれば磁界が出来る (磁界の計算の基礎と演習)

  ・電磁気学の基礎(ローレンツ力、電磁誘導、インダクタンス)

  ・磁界の測定

 2.磁性の基礎

  ・材料の磁気はどこからくるか (磁性体と磁性材料、磁性の種類)

  ・磁性材料はどのように磁化されるか(ヒステリシス、磁化、透磁率、反磁界)

  ・磁区構造と磁化過程(磁化曲線、 渦電流、磁気異方性、磁歪)

  ・磁気異方性と磁化過程 

 3.実用高透磁率磁性材料の特性と応用

  3.1 金属・合金系材料

   ・Fe-Si系磁性材料(電磁鋼板、電磁軟鉄)

   ・磁性材料の鉄損 (ヒステリシス損、渦流損)

   ・Fe-Ni系磁性材料(パーマロイ)

   ・Fe-Co系磁性材料(パーメンジュール)

  3.2 アモルファス磁性材料

  3.3 フェライト系材料

 4.実用永久磁石材料の特性と応用

  ・硬質磁性合金(金属磁石、希土類磁石)

  ・硬質磁性セラミックス(フェライト磁石)

  ・ボンド磁石

 5.特殊磁性材料

  ・磁気記録材料

  ・磁歪材料

  ・非磁性材料

  ・磁気シールド材料 

 6.材料の磁気測定法

  6.1 測定試料と測定器

  6.2 磁性測定の原理

  6.3 JIS測定法

【質疑応答】

 

お申し込み・お問い合わせ方法
下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。

FAXでお申し込みの方はこちらの用紙をお使い下さい。