ホームページへセミナー一覧へ

日本工業出版社主催・テクノシステム共催

2017年8月開催セミナーのお知らせ

◆大阪開催◆


プラント配管設計の基礎
(設計ツールの活用法)
〔 大 阪 開 催 〕


 プラント配管設計をはじめすべてのエンジニアリングにおいて、ソフトウェアツールの活用は必須となっています。市販されている工学専用のソフトウェアの多くは機能がとても充実していますが、それゆえ目的に合致した最適なソフトウェアの選択を難しくています。一方、インターネットの普及により工学用途に堪える高機能フリーソフトウェア(フリーウェア)も多くの人が利用できる環境にあり、選択の幅はさらに拡がっています。最適なソフトウェアによりアプリケーション間のデータの相互利用が省力化などに大きく寄与するのは明らかです。
 本セミナーでは、(1) 市販ソフトウェアを選択する場合の留意点、(2) 工学的に優れた機能を持つフリーウェア、(3) 配管に関するPCF(Piping Component File)の利用方法を紹介します。
 講義の後半では講師と一緒に上記ソフトを操作しながら、使い方を実習します。 下記ソフトを事前にダウンロートし、PCをご持参ください。
 gnuplot(ニュープロット) http://www.gnuplot.info/download.html
 maxima(マクシマ) http://maxima.sourceforge.net/download.html
 Scilab(サイラボ) http://www.Scilab.org/download/latest

インターネット接続(モバイルWi-fi)が可能なPCをお持ちください。

※ 実習用PCはご持参ください。
※ 東京・大阪会場で開催日が異なります。(東京会場での開催概要はこちら

講 師:

 安藤 文雄 氏
 E&Sコンサルタント 元千代田化工建設 元日本インターグラフ

日 時:
 2017年 8月 18日(金) 13:00〜17:00
会 場:

 リファレンス大阪駅前第4ビル
 (大阪市北区梅田1丁目11-4-23F)

受講料:

 32,400円   (1名につき-テキスト代・消費税を含む)
 ※ 1社3名以上ご参加の場合,1名につき27,000円
     (テキスト代・消費税を含む)

 ご希望の方は、関連書籍を割引で提供致します。
    (※受講をお申込頂いた方のみ対象となります。

    関連書籍(1)「プラント耐震設計と地震災害対策」(月刊「配管技術」2012年2月増刊号)
             1冊 2,700円 (税込)     書籍の詳細はこちら

    関連書籍(2)「
プラント配管解析技術」(月刊「配管技術」2015年2月増刊号)
             1冊 2,160円 (税込)
     書籍の詳細はこちら

  ご希望の方は、下記のフォームより別途お申し込みください。
  セミナー受講受付を確認後、ご連絡させていただきます。

     【関連書籍お申し込み】

主 催:
 日本工業出版株式会社
共 催:
 株式会社テクノシステム

  演題・概要
13:00〜14:00
配管設計ツールの活用法

 設備の大型化、納期の短縮、コスト削減の達成のため、プラント設計は極めて困難な業務になりつつあります。エンジニアは矛盾する要件や制約にも十分対応できる変更管理のもとで、優れた設計を実践してくことが求められています。目的に合致した機能を有する最適なソフトウェアを選択するための検討内容とそのためチェックリストについて解説します。

講義目次:
(1) ワークフロー、組織の見直し 
(2) デリバラブルは何か
(3) 相互運用と統合化(プラント ライフサイクル) 
(4) ユーザインターフェイス
(5) 総合評価のためのチェックリスト

14:10〜17:00
フリーソフトウェアを利用した配管設計

 工学的なデータ処理に優れた機能を持つフリーソフトウェア(フリーウェア)のうち代表的なものについて使い方を具体的に解説します。また、エンジニアリングではアプリケーション間のデータの相互利用が省力化に大きく寄与するのは明らかです。配管に関するPCF(Piping Component File)の利用方法を紹介します。

講義目次:
(1) 工学的なグラフ処理機能フリーウェアgnuplot(ニュープロット)
  説得力のある2次元、3次元の描き方、最小2乗法による線形、非線形曲線近似
(2) 汎用数式処理フリーウェアmaxima(マクシマ)
  数式の操作(多項式の展開、因数分解、有理式の通分、部分級数展開)
  多次元の連立一次方程式の解法、微積分方程式を解法
(3) シミュレーション用モデリングとしてのフリーウェアScilab(サイラボ)
  Xcos環境でCoselicaダイナミック シミュレータの利用
(4) 配管設計に関するPCF(Piping Component File)の概要と利用方法



※プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。

 

お申し込み・お問い合わせ方法
下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
◆ 東京・大阪会場で開催日が異なります。