ホームページへセミナー一覧へ

日本工業出版社主催・テクノシステム共催

2017年8月開催セミナーのお知らせ

◆東京・大阪・福岡同時開催◆


巨大地震に備えた火力発電設備の最新動向


 東日本大震災では東日本の太平洋沿岸に設置された火力発電所が甚大な被害を受けました。被災した発電所は短期間のうちに復旧し、電源喪失による電力不足を補うため発電所内には数多くのガスタービンが緊急電源として設置されました。その後、鳥取県西部地震、熊本地震等の断層型地震が発生、更には、今後南海トラフ巨大地震の発生も懸念されています。
 本講座では東日本大震災の発電所の被災状況と教訓、その後の復旧状況、短期間に設置された緊急電源を紹介し、今後、想定される巨大地震に備えた火力発電所の地震・津波対策を解説します。
※ 講演者は東京会場で講演いたしますので、大阪・福岡会場は中継での受講となります。
※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。

講 師:

 大地 昭生 氏
 東北テクノアカデミア、元)東北大学、元)東芝

日 時:

 2017年 8月 22日(火) 13:00〜16:30

会 場:
  東京会場 お茶の水エデュケーションセンター
          (東京都文京区湯島1-6-1 TONEGAWA 2ビル 5F)  
  大阪会場 リファレンス大阪駅前第4ビル
          (大阪市北区梅田1丁目11-4-23F)
 ● 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
          (福岡市博多区博多駅東1-16-14)
定 員:
 東京会場30名 大阪会場15名 福岡会場10名
受講料:

 32,400円   (1名につき-テキスト代・消費税を含む)
 ※ 1社3名以上ご参加の場合,1名につき27,000円
     (テキスト代・消費税を含む)

 ご希望の方は、関連書籍を割引で提供致します。
    (※受講をお申込頂いた方のみ対象となります。

    関連書籍(1)「蒸気タービン新改訂版」
             1冊 3,240円 (税込)     書籍の詳細はこちら

    関連書籍(2)「
中・小形ガスタービン発電装置改訂版」
             1冊 2,160円 (税込)
     書籍の詳細はこちら

  ご希望の方は、下記のフォームより別途お申し込みください。
  セミナー受講受付を確認後、ご連絡させていただきます。

     【関連書籍お申し込み】

主 催:
 日本工業出版株式会社
共 催:
 株式会社テクノシステム

時間 演題・概要

講師(敬称略)

13:00〜14:00
東日本大震災の被災状況と教訓
大地 昭生
東北テクノアカデミア
元)東北大学
元)東芝

 火力発電所は復水器で大量の冷却海水を使用するため海洋沿岸部に設置される。このため、海洋沿岸沖合部でプレート型地震が発生すると地震動に加え津波被害を受け易い。ここでは、東日本大震災による地震動と津波被害の状況並びにその教訓を紹介する。

14:10〜15:30
被災発電所の復旧と緊急電源の設置

 被災した発電所の復旧は困難を極めたが短期間の内に復旧された。また、電源喪失を補うため数多くの緊急用ガスタービンが設置され、幾つはその後、コンバンドサイクルへ転換された。ここでは被災した発電所の復旧状況、緊急電源用ガスタービンの設置、その後のコンバインドサイクルへの転換の状況等を紹介する。

15:40〜16:30
火力発電所の最新の地震・津波対策の取り組み

 東日本大震災の経験を踏まえ、非常電源の確保、電気品の浸水対策、障害物の衝突対策、津波防潮堤の設置、避難経路の確保等、今後、建設される火力発電所の地震・津波対策を紹介する。



※プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。

 

お申し込み・お問い合わせ方法
下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
◆ 東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください