食品危害要因

食品危害要因
その実態と検出法
food hazard materials-how to keep our food in safe
食品の安全・安心に対して障害となる物質に関して、幅広くその実態と検出法を取り上げ、遺伝子組換え作物や食品添加物・残留農薬等や、多くの場合食品衛生の危害とはならなくても食品メーカーにとっては回収等の大きなリスクを生む異物、表示によって対応するしか 現実的な対応法のないアレルゲンなども収録。食品の健全さの確保のために、潜在的あるいは顕在化している問題点を明らかにする。
監修
後藤 哲久
信州大学 学術研究院(農学系) 教授
博士(理学)
佐藤 吉朗
東京家政大学 家政学部 栄養学科 教授
農学博士
吉田 充
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部
食品科学科 教授 農学博士
執筆者 50名 執筆者一覧
発刊 2014年7月14日
体裁 B5判 二段組上製本 521頁
価格 40,000円(+税) ※ 国内送料弊社負担
ISBN 978-4-924728-71-4 C3050
発行 株式会社テクノシステム