セントラル空調システム自動制御入門

日本工業出版社主催・テクノシステム共催
2019年1月開催セミナーのお知らせ
東京・大阪・福岡同時開催
セントラル空調システム自動制御入門
 空調設備設計では設計負荷(最大負荷)を満足するように設備を選定するのに対して、自動制御は変動する負荷に対応してエネルギーを過不足なく供給することによって、建物の快適性と省エネルギーを実現します。このため、空調設備と自動制御は一体不可分であり、合わせて理解することが求められます。
一方、自動制御はプロセス制御から機器組込型制御まで多岐にわたるために空調設備技術者には入りにくい分野でした。そこで、本セミナーでは空調設備制御に特化した下記編の内容を実務にただちに使えることをめざして解説します。
・基礎編:セントラル空調システムで一般的なPIDフィードバック制御
・機器編:フィードバックループを構成する検知器、操作器、調節器
・応用編:空調機廻り、熱源廻りの代表的な制御手法
についてわかりやすく解説します。
尚、講師の説明は当日配布する「環境共生世代の建築設備の自動制御入門」の内容に即して行うことによって、受講後の復習や、社内での勉強会にも役立つことを目指しています。
※ 講演者は東京会場で講演いたしますので、大阪・福岡会場は中継での受講となります。
※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。
講師 田崎 茂 氏
(東テク(株) 経営管理本部 人事部 東テクグループテクニカルセンター長)
日時 2019年1月24日(木)10:00~17:00
会場 ■ 東京会場 日工セミナルーム東京
(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
■ 大阪会場 日工セミナルーム大阪
(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
■ 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
※ お申し込みの際、どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください
定員 東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場10名
受講料 37,800円 税込(昼食含む)
(講演テキスト「環境共生世代のための建築設備の自動制御入門新 改訂版」含む)
※本書籍をすでにお持ちの場合も同額とさせていただきます。
※3名以上ご参加の場合お一人32,400円 税込
主催 日本工業出版株式会社
共催 株式会社テクノシステム
10:00~17:00
1.自動制御の基礎
セントラル空調システムで最も使用されているPIDフィードバック制御の理論とパラメータ調整方法を中心に説明します。
2.自動制御機器
フィードバックループの構成要素である検出器、操作器、調節器を実際の製品を例に機能と選定方法を説明します。
3.空調機制御
最終的な目的として室内温度、室内湿度を設定値に維持するための空調機周りの制御手法を計装図で説明します。
4.熱源制御
二次側負荷の変動に対して過不足なく熱エネルギーを供給し省エネルギーを実現する熱源システムの制御手法を計装図で説明します。
※ プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。
会場のご案内
東京会場 日工セミナルーム東京
東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1
東京都文京区湯島1-6-1
大阪会場 日工セミナルーム大阪
大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F
大阪市中央区平野町1-6-8
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
福岡市博多区博多駅東1-16-14
福岡市博多区博多駅東1-16-14

お申し込み・お問い合わせ方法

下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください。