中小型ガスタービン・ガスエンジン発電システムの導入事例と運転保守

日本工業出版社主催・テクノシステム共催
2019年2月開催セミナーのお知らせ
東京・大阪・福岡同時開催
中小型ガスタービン・ガスエンジン発電システムの導入事例と運転保守
 近年、ガスタービンは一般事業者向けに電力需要・蒸気需要に合わせた開発が進み、国内において、省エネルギー性とCO2削減効果が期待できるため、産業用プラントや地域冷暖房に採用されています。また、高効率化も進み、中型クラスでは発電効率39.3%(LHV基準)が開発され、大規模工場向けに導入されています。
ガスエンジンでは、5~35kWクラス前後の小型クラスがユニット化され、給湯需要の多い市場または複数台で下水処理場等への導入が行われています。1MW以下においても、高効率化・低コスト化が進み、小型という効率的には不利な条件にもかかわらずミラーサイクルを採用した機種で発電効率40%以上を達成し、また、2MW級でも発電効率48.0%の機種が開発され、ガスエンジンの高効率化が進んでいます。
本セミナーは中小型ガスタービン・ガスエンジンの概要と特徴、メンテナンス及び運用のポイント、導入事例について解説します。
※ 講演者は東京会場で講演いたしますので、大阪・福岡会場は中継での受講となります。
※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。
講師 柴沼 徹  氏 (IHI  資源・エネルギー・環境事業領域 陸用原動機プラント SBU )
中安 稔  氏 (川崎重工業  エネルギー・環境プラントカンパニー エネルギーシステム総括部)
客野 貴広 氏 (ヤンマーエネルギーシステム  エンジニアリング部)
講師調整中   (日立パワーソリューションズ エネルギーソリューション本部)
押部 洋  氏 (東京ガス  ソリューション技術部)
松村 隆之 氏  (東京ガス  ソリューション技術部)
日時 2019年2月26日(火)10:00~17:00
会場 •東京会場 日工セミナールーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
•大阪会場 日工セミナールーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
•福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください。
定員 東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
受講料 37,800円 税込(セミナーテキスト・昼食含む)
※3名以上ご参加の場合お一人32,400円
主催 日本工業出版株式会社 月刊「クリーンエネルギー」
共催 株式会社テクノシステム
10:00~11:00  柴沼 徹 氏 (IHI 資源・エネルギー・環境事業領域 陸用原動機プラント SBU)
航空転用型ガスタービンの特長・導入事例と運用サポート
航空転用型GTの特徴を代表的機種LM6000/LM2500を具体例に挙げて、構造・性能・整備の観点から紹介する。
合わせて、発電、コージェネレーションプラントへの適用事例およびIHIの提供するプラント運用サポートを紹介する。
(1) 概要と特徴
(2) 活用事例
(3) 運用サポート
11:10~12:40  中安 稔 氏 (川崎重工業 エネルギー・環境プラントカンパニー エネルギーシステム総括部)
中小型ガスタービン発電システムの概要・導入事例と運転保守
中小型ガスタービンはコージェネレーションシステムとして省エネやCO2排出量削減、およびBCP(事業継続計画)対応として、優れた特徴を有している。
中小型ガスタービンの概要と特徴、導入事例、メンテナンス及び運用のポイント、について紹介する。
(1) 産業用中小型ガスタービンの特徴と最新動向
(2) ガスタービンコージェネレーションシステムの特徴と最新動向
(排熱利用、瞬低対策、非常用兼用、節電・ピークカット効果)
(3) コージェネ導入効果と導入事例
13:40~14:40  客野 貴広 氏 (ヤンマーエネルギーシステム エンジニアリング部)
小型ガスエンジン(5~800kW)発電システムの導入事例と運転保守
小型ガスエンジン発電システムのラインナップと特徴及び導入事例における運用方法を紹介する。
リモートサポートセンター(RSC)による遠隔監視を通じた予防保全、メンテナンス体制などを紹介する。
(1) 製品ラインナップと特徴
(2) 導入事例と運用方法
(3) 遠隔監視による予防保全とメンテナンス
14:50~15:50  講師調整中 (日立パワーソリューションズ エネルギーソリューション本部)
中型ガスエンジン(1,000~3,000kW)発電システムの導入事例と運転保守
中型ガスエンジン発電システムのラインナップと特徴及び導入事例を紹介する。
海外製品における信頼性向上策、予兆診断技術を活用した予防保全などを紹介する。
(1) 製品ラインナップと特徴
(2) 設備導入事例
(3) 信頼性向上の取組み
(4) 予兆診断技術による保守取組み
16:00~17:00  押部 洋 氏   松村 隆之 氏  (東京ガス ソリューション技術部)
東京ガスが取り組む天然ガスコージェネレーションシステムについて
東京ガスグループでは天然ガスコージェネレーションシステム(CGS)を活用したエネルギーサービスを展開している。
CGSの取り巻く環境と、ガスエンジン・ガスタービンCGSの特徴や事例、動向について紹介する。
※ プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。
会場のご案内
東京会場 日工セミナルーム東京
東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1
東京都文京区本駒込6-3-26
大阪会場 日工セミナルーム大阪
大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F
大阪市中央区平野町1-6-8
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
福岡市博多区博多駅東1-16-14
福岡市博多区博多駅東1-16-14
お申し込み・お問い合わせ方法

下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください。