プラント配管設計の基礎(配管サポート設計)

2019年7月テクノシステム開催セミナーのお知らせ
東京・大阪・福岡同時開催
プラント配管設計の基礎(配管サポート設計)
プラント配管設計時、配管サポートの種類・特徴・使用上の注意点・使用材料について、理解していなければなりません。設置ポイントが適切でない場合、コスト面の増加や、設計によるトラブルが生じる可能性があります。
本セミナーでは、配管サポートの種類、選定方法、設置ポイント、配管レイアウトの注意点などを詳しく解説いたします。配管設計者に不可欠な知識が得られる機会となりますので、是非多数の方のご参加をおまちしております。
※ 講演者は東京会場で講演いたしますので、大阪・福岡会場は中継での受講となります。
※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。
講師 湯原 耕造 氏(東芝エネルギーシステムズ)
紙透 辰男 氏(日揮)
日時 2019年7月26日(金)9:30~16:30
会場 ■ 東京会場 日工セミナルーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
■ 大阪会場 日工セミナルーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
■ 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
※ お申し込みの際、どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください
定員 東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
受講料 37,800円 税込(テキスト・昼食含む)※3名以上ご参加の場合お一人32,400円
主催 日本工業出版株式会社 月刊「配管技術」
共催 株式会社テクノシステム
9:30~12:30 湯原 耕造 氏(東芝エネルギーシステムズ)
配管サポート選定とその機能
発電プラントにおける配管サポートに関し、その基本事項である(1)サポートポイント設定方法(配管応力解析含む)、(2)サポート選定方法、(3)サポート設計における荷重組合せ、(4)各サポート種類と機能に関して解説を行う。又、サポートポイント設定及び設計時の注意事項に関しても説明を行う。
13:30~16:30 紙透 辰男 氏(日揮)
配管サポートの配管設計
石油精製・化学プラントの装置は塔や槽など多くの機器や回転機等で構成され、それらの機器は多種多様な流体を扱う配管で接続されている。これらの配管は流体、温度、圧力等を考慮してルートや形状が決定する。しかしながら装置を安全に運転する為には、これらの配管は適切な配管サポートによって支持されなければならない。本講座では、配管レイアウトに関連付けながら配管サポートの形式や選定方法を解説する。
※ プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。
会場のご案内
東京会場 日工セミナルーム東京
東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1
東京都文京区本駒込6-3-26
大阪会場 日工セミナルーム大阪
大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F
大阪市中央区平野町1-6-8
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
福岡市博多区博多駅東1-16-14
福岡市博多区博多駅東1-16-14
お申し込み・お問い合わせ方法

下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください。