圧力設備寿命評価の基礎(疲労・クリープ・減肉評価)

2019年10月テクノシステム開催セミナーのお知らせ
東京・大阪・福岡 同時開催
圧力設備寿命評価の基礎(疲労・クリープ・減肉評価)
圧力容器、配管、貯槽など圧力設備の寿命に影響する代表的な損傷形態には、疲労、クリープおよび減肉があります。本講義では、金属材料で構成された圧力設備を対象として、疲労・クリープ・減肉の各損傷に関する、基本的な発生メカニズム、材料の挙動と強度特性、寿命評価の考え方及び、寿命評価のベースとなる強度評価の方法について解説します。
また、設計規格及び維持規格等基準類での取扱いについても触れ、これら損傷評価を実務で活用するための基礎知識を講義します。圧力設備に携わる技術者の方々の参加をお待ちします。
※ 講演者は東京会場で講演いたしますので、大阪・福岡会場は中継での受講となります。
※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。
講師 永田 聡 氏 博士(工学) 日本機械学会フェロー(東洋エンジニアリング㈱)
日時 2019年10月25日(金)10:00~16:00
会場 ■ 東京会場 日工セミナルーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
■ 大阪会場 日工セミナルーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
■ 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
※ お申し込みの際、どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください
定員 東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
受講料 35,000円 税別(テキスト・昼食含む)
※3名以上ご参加の場合お一人様30,000円 税別
主催 日本工業出版株式会社 月刊「配管技術」
共催 株式会社テクノシステム
10:00~11:50
疲労評価の基礎
実構造物の破損要因で最も多いとされる疲労について、繰返し荷重に対する基本的な材料挙動と疲労強度、疲労寿命評価の考え方や応力集中に対する設計上の取扱いなどを、疲労試験データや寿命評価の実例も交えながら解説する。
(1) 繰返し荷重下の材料挙動と特徴
(2) 疲労強度と設計
(3) 疲労損傷評価と余寿命予測
(4) 疲労評価規格/基準
(5) 繰返し荷重の発生源
12:50~14:20
クリープ評価の基礎
高温設備の寿命の大きな支配因子の一つである材料のクリープについて、高温下における基本的な材料挙動とクリープ強度、クリープ寿命評価の考え方やクリープに対する設計上の取扱いなどを解説する。
実用上度々問題となるクリープと疲労の重畳についても触れる。
(1) 高温材料挙動と特徴
(2) クリープ強度と高温設計
(3) クリープ損傷評価と余寿命予測
(4) クリープ評価規格/基準
(5) 疲労との組合せ
14:30~16:00
減肉評価の基礎
高経年化設備の維持管理を考える上で特に重要となる減肉について、減肉発生の要因となる腐食その他の現象を踏まえた上で、減肉評価の考え方や維持規格上の取扱いなどを、実例を交えながら解説する。
また、減肉の検査や予防についても触れる。
(1) 腐食その他の減肉要因と特徴
(2) 減肉部の供用適性評価と余寿命予測
(3) 減肉評価規格/基準
(4) 検査と予防
※ プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。
会場のご案内
東京会場 日工セミナルーム東京
東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1
東京都文京区本駒込6-3-26
大阪会場 日工セミナルーム大阪
大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F
大阪市中央区平野町1-6-8
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
福岡市博多区博多駅東1-16-14
福岡市博多区博多駅東1-16-14
お申し込み・お問い合わせ方法

下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください。