軸流圧縮機・送風機の失速・サージ概論(2日間セミナー)

2020年3月テクノシステム開催セミナーのお知らせ
東京・大阪・福岡 同時開催
軸流圧縮機・送風機の失速・サージ概論(2日間セミナー)
 圧縮機・送風機・ファンにおける失速やサージに関連する現象は様々な現れ方をし、その性能の特徴や挙動と深く結び付いています。設計は失速限界に十分配慮して行われるべきものですが、その限界近くまで作動範囲を広げることが必要となる場合も多く、運転上で失速限界への遭遇あるいはニアミスもあり得ます。このような意味で設計・開発・運用者にとって失速点や失速・サージ現象への基礎的な理解と対処法の知識は重要です。また、冷却ファンとして用いられる大小の各種プロペラファンは狭隘空間など作動環境が厳しく複雑な流れが多く、しばしば失速ぎりぎりで使われており、軸流ファンと共通の失速の問題を抱えています。様々な外的要因、例えば流れのdistortion、翼の摩耗、汚れ、等々で失速限界が下がることもあり得ます。
本セミナーでは、軸流圧縮機・送風機・ファンに発生するこれらの多様な現象とその流れに共通の基礎に注目して、様々の視点から分かりやすく解説します。
開発や設計の現場で経験を積まれている方々や若手の技術者・研究者の方々にご参考となることを願っています。
※ 講演者は東京会場で講演いたしますので、大阪・福岡会場は中継での受講となります。
※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。
講師 山口 信行 氏(明星大学名誉教授・元 三菱重工業・ターボ機械協会名誉技術顧問)
日時 2020年3月4日(水)13:00~17:00 ・5日(木)9:30~16:30
会場 ■ 東京会場 日工セミナルーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
■ 大阪会場 日工セミナルーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
■ 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
※ お申し込みの際、どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください
定員 東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
受講料 60,500円 税込(テキスト・5日昼食含む)
※3名以上ご参加の場合お一人55,000円 税込
主催 日本工業出版株式会社
共催 株式会社テクノシステム
3月4日(水)
13:00~17:00 
翼列負荷と段性能
軸流圧縮機・送風機の性能の基本である翼列の設計と性能の評価の基礎についてまず簡単に触れる。次に失速あるいは最大圧力係数に対する翼列負荷、壁面負荷、アスペクト比、翼列endwall流れ、等の因子の影響について述べる。
(1) Introduction – 圧縮機・送風機の設計と性能評価の基礎
(2) 段特性と性能評価
(3) 失速・サージ現象(1/2)
3月5日(木)
9:30~12:30 
旋回失速とサージ現象
旋回失速やサージの発生状況について段特性との関連において述べる。サージ波形の特徴とサージハンマー現象、GreitzerのBパラメタとstall stagnation現象、インレットディストーションの影響、旋回失速の情況と翼強度への影響、等について述べる。
(1) 失速・サージ現象(2/2)
(2) サージ挙動
(3) 現場的因子の失速特性への影響
13:30~16:30
失速防止手法と効果
安定作動範囲の拡大のための様々の失速・サージ対策とその失速防止効果、性能に及ぼす影響について述べる。翼可変ピッチなどの容量制御、ケーシングトリートメントやエアセパレータ等の失速防止手法の効果と特徴、能動制御の試みなどについて述べる。
さらにサージ現象のシミュレーションの基礎とその結果例、それらに基づくサージ挙動の本質的特徴と全体的展望について述べる。
(1) 失速への対応と改善 – 健全領域の拡大法と効果
(2) サージ過渡シミュレーション – 数値解析によるサージ現象の解明
(3) サージ挙動の本質と全貌
※ プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。
会場のご案内
東京会場 日工セミナルーム東京
東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1
東京都文京区本駒込6-3-26
大阪会場 日工セミナルーム大阪
大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F
大阪市中央区平野町1-6-8
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
福岡市博多区博多駅東1-16-14
福岡市博多区博多駅東1-16-14
お申し込み・お問い合わせ方法

下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください。