配管材料基礎講座 -付随する機材の選び方・使い方-

2019年4月テクノシステム開催セミナーのお知らせ
東京・大阪・福岡同時開催
配管材料基礎講座 -付随する機材の選び方・使い方-
 本講義は配管に付随する機材として配管を計画する上で欠かせない構成要素でもある、「シール材、スチームトラップ、ストレーナーとサイトグラス、保温保冷材、伸縮管継手、フレームアレスタ」といった配管に付随する機材を取り上げ、その用途、機能、選定方法、設計及び運用時のトラブル事例を中心でそれぞれメーカの技術者よりご解説いたします。
※ 講演者は東京会場で講演いたしますので、大阪・福岡会場は中継での受講となります。
※ 講演者への質問は大阪・福岡会場からも可能です。
講師 樋口 誠也 氏 (ニチアス )
TLV
酒井 和俊 氏 (ワシノ機器 )
月守 孝幸 氏 (明星工業)
境田 惣一 氏 (日本ニューロン )
志村 晋二 氏 (金子産業 )
日時 2019年4月19日(金)9:30~17:00
会場 ■ 東京会場 日工セミナルーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
■ 大阪会場 日工セミナルーム大阪(大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F)
■ 福岡会場 リファレンス博多駅東ビル(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
※ お申し込みの際、どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください
定員 東京会場24名 大阪会場16名 福岡会場12名
受講料 37,800円 税込(テキスト・昼食含む)※3名以上ご参加の場合お一人32,400円
主催 日本工業出版(株) 月刊「配管技術」
共催 株式会社テクノシステム
9:30~10:30 樋口 誠也 氏 (ニチアス)
シール材の種類と不具合対応(ガスケット・パッキン)
シール材に関する基礎的な知識(用語・種類と特徴・選定)と不具合事例を紹介する。
(1) シール材とは
(2) シール理論
(3) ガスケットの種類と特徴
(4) ガスケットの不具合と対策事例
(5) 選定について
10:40~11:40  (TLV )
スチームトラップの選び方・使い方
ドレン排出機能を担うスチームトラップの知識を身に付けることで、製品昇温不良などのトラブル防止、
生産性向上、省エネに繋げる。
(1) ドレン排除の必要性
(2) スチームトラップの基礎
(3) 選定、設置上の注意点
12:30~13:30 酒井 和俊 氏 (ワシノ機器)
ストレーナーとサイトグラスの選び方・使い方
ストレーナーとサイトグラスの選定のポイントと配管設計における基本知識及び代表的なトラブル事例に
ついて紹介する。
(1) ストレーナーの選定方法
(2) 種類と用途
(3) 性能検証試験
(4) サイトグラスの選定方法
(5) 使用目的
(6) 種類と用途
13:40~14:40  月守 孝幸 氏 (明星工業)
保温保冷材の選び方・使い方と不具合事例
保温保冷の概念と仕様材料の特色及び注意について紹介する。
(1) 保温・保冷の目的と熱理論
(2) 熱伝導率について
(3) 保温材の必要条件と分類
(4) 保温材の個別説明
(5) 選定のポイントと注意点
(6) 施工上の注意点
14:50~15:50 境田 惣一 氏 (日本ニューロン)
伸縮管継手の使い方と設計時の注意点
伸縮管継手の設計上伸縮管のデザイン上何が機能に影響するのかを示し、報告事例で注意点を理解して頂く。
(1) 伸縮管継手の種類と用途
(2) 伸縮管継手の設計上のファクター
(3) 実際のトラブル事例の原因
16:00~17:00  志村 晋二 氏 (金子産業)
フレームアレスタの選び方・使い方とトラブル事例
万一の火災時に火炎の伝播を阻止するフレームアレスタについて、その構造やガス種、燃焼による区分等の基礎的な事項を紹介する。
(1) フレームアレスタの概要
(2) 分類
(3) 性能評価
(4) 使用時の注意点
※ プログラムは都合により変更することがありますのでご了承下さい。
会場のご案内
東京会場 日工セミナルーム東京
東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1
東京都文京区本駒込6-3-26
大阪会場 日工セミナルーム大阪
大阪市中央区平野町1-6-8 メロディーハイム1F
大阪市中央区平野町1-6-8
福岡会場 リファレンス博多駅東ビル
福岡市博多区博多駅東1-16-14
福岡市博多区博多駅東1-16-14
お申し込み・お問い合わせ方法

下の申込みボタンをクリックすると申込み方法の画面になります。
各欄に必要事項を入力の上ご送信下さい。お問合せの場合は「メモ欄」をご利用ください。
申込み画面のセミナーテーマとコード、開催日は自動で入力されます。
東京・大阪・福岡どちらの会場での受講をご希望か、備考欄にご記入ください。